収入証明書不要MAX

安心して選べるWEB完結キャッシング

WEB完結タイプのキャッシングとは、申込み・契約・借り入れまで、
全てWEB上で可能なサービスのことを言います。

 

 

自宅に居ながら手軽に利用でき、審査も早くて即日に借り入れできるところも
多いので、非常に人気があります。

 

ここではWEB完結型タイプのキャッシングの中でも、

「収入証明書不要」(※各社条件あり)

「安心して借入できる」+

「即日でも借入できる」(※各社条件あり)


キャッシングサービスを紹介します。

 

アイフル特徴
手続きはネットで全て完了!来店不要でアイフル店舗他、
いつでも引き出せる提携CD/ATM、コンビニから借入・返済可能!

実質年率:4.5%~18.0%
借入方法:全国の提携CD/ATM、コンビニ
返済方法:全国の提携CD/ATM、コンビニ
融資金額:1,000円~500万円
※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。


※当社のご利用で50万円を超える場合、または他社を含めた
 借入れが100万円を超える場合は収入証明等の書類が必要。

ネット限定で本人限定カード受取が指定可能!



アコム特徴
WEB契約で来店不要!ご利用も24時間、365日OK。たったの
「3項目の入力」のみで借入診断が3秒で可能!

実質年率:3.0%~18.0%
借入方法:ネットやATMから24時間借入可能
返済方法:ネットやATMから24時間返済可能
融資金額:1万円~800万円
50万円まで収入証明書不要!
必要書類:運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
サービス:金利0サービス開始!※契約日の翌日から30日間


オリックス銀行カードローン特徴
最短で即日審査が可能!

全国のコンビニ等にある提携ATMから借り入れ、返済どちらもできるので
いざというときでも、いつでもどこでも利用可能。


実質年率:3.0~17.8%
借入方法:全国の提携ATM、コンビニ
返済方法:全国の提携ATM、コンビニ
融資金額:最高800万円
必要書類:①運転免許証または運転経歴証明書、各種健康保険証、日本政府発行のパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書※上記の写しいずれか1通をご用意ください。②ご利用限度額により所得証明書類が必要です。※所得証明書類のご提出が必要となるのは、原則、ご利用限度額が300万円超の場合となります。※審査の結果、限度額300万円以下の場合でもご提出をお願いする場合があります。③預金口座振替依頼書※ご返済方法が口座引落の方のみ必要です。
300万円まで収入証明書不要!
来店、口座開設、担保、保証人、ATM利用手数料もすべて不要!



 

 

「借入」が可能かどうかを公式サイトから確認できますので、
上記のバナー画像をクリックして、診断をしてみてください。

 

 

WEB完結型で用意する書類&借入の流れ

 

まずは、本人確認の書類だけで、お申込み~借入まで行えますので、

 

 

・運転免許証(お持ちでない方は各種保険証、パスポートなど)

 

の必要書類を携帯電話のカメラやスキャナで画像化し、
メールアドレスにご送付するか、
スマホをお持ちであれば、アプリからも送りましょう。

 

※他社を含めたお借入総額が100万円を超える場合は、収入証明書等が必要になります。

 

WEB完結キャッシング

 

(アコム、オリックス銀行カードローン、アイフルはメールやアプリで簡単に必要書類を送れます)

 

あとはメールもしくは電話でのやり取りとなります。

 

その後、審査。(最短30分)
(平日9時~18時までのお申込みの場合)

 

審査が終わると、あなたが指定した連絡先に審査結果が告げられ、契約内容をネット上で確認します。

 

また、平日の14時までに契約内容を確認しておくと、即日で借入することも可能です。
(この場合は振込み)

 

その後、各キャッシングサービスにてご契約手続きを行います。
数日~数週間後に、契約書類&カードが自宅に届きます。

 

 

WEB上の契約の場合、自宅に書類・カードなどの郵便物が無いタイプと、
契約書類やカードが後日届くタイプがありますので、利用前にどちらの
タイプに当てはまるのかを確認しておきましょう。

 

カードが届くタイプ、またはカードに機能が追加されるタイプでは、
カードを使ってATM/CDでのキャッシングが可能です。

 

 

→ アイフルで借りてもばれないかどうか?はこちら

 

 

クレジットカードのキャッシング機能と貸金業法

 

クレジットカードというと、ポイントをためるために上手に活用している人も多く、割引があったり、キャッシュバックがあったり、何かとメリットがあります。またキャッシング機能があったり、キャッシュカードと一体になっていたりと便利なものも増えています。

 

しかし2010年に改正貸金業法が完全に施行されて、年収の3分の1以上は借入ができない総量規制が導入されました。
それに伴い、クレジットカードのキャッシング機能がゼロになってしまった人やキャッシング機能を外すカードもありました。

 

これまで使っていない人であれば問題はないことですが、キャッシング機能を必要とする人は勤務先や年収額、
収入証明書などを提出しなくてはいけなくなり、新たなキャッシングができなくなってしまった人もいます。

 

ではクレジットカードはどうなってしまうの?と心配する人もいるかもしれませんが、
お買い物をするのはショッピング枠になるため、通常通り利用ができます

 

そのため、改正貸金業法で関係しているのは「キャッシング枠」になりますが、
ショッピング枠は関係ないため、クレジットカード現金化やショッピング枠を狙う悪徳業者がいるので
気を付けなくてはいけません。

 

お金が必要だから!と、安易な気持ちで利用してしまうと、後々後悔することになりかねません。

 

総量規制の対象は貸金業者だけなので、銀行などは対象外になります。
クレジットカードのキャッシング機能がなくなってしまったとしても、
諦める前に銀行や信用金庫などにキャッシングの申し込みをしてみることをオススメします。