総量規制後のキャッシングについて

総量規制後のキャッシングについて

2010年に総量規制が施行されました。
総量規制とは年収の3分の1以上の借入が出来なくなる事で、
金融会社は個人に対してのみですが、無制限には貸付けができなくなりました。

 

 

一箇所で50万を超える借入や、他の金融会社と合わせて100万を超える場合は、
収入証明書の提出を求められます
年収の3分の1を超えないようにチェックをする為で、これによって収入に見合わない多額の借金をし、
返済できなくて自己破産してしまう人が減りました。

 

 

ただし住宅や車のローンを組んでいた場合は総量規制には該当しません
ですから住宅ローンを抱えていても年収の3分の1までならキャッシング利用はできますが、
ダブルでの返済になる為気をつけてください。

 

毎月ローンの返済プラス、キャッシングの返済に追われて生活をする事になります。
せっかく総量規制で自己破産や多重債務に陥らないようになったのに、本末転倒です。

 

ですからキャッシングの利用をする際は今までと同じように
返済シミュレーションをしてから借入しましょう。

 

収入と返済のバランスは崩れないですか?
返済だけでなく毎月生活費や交際費もかかることを忘れないでください。

 

もう一つ総量規制で気をつけないといけないのは、銀行はこの法には当てはまらないと言う事です。

 

消費者金融からの融資は収入の3分の1ですが、銀行を利用している場合は
適用されないので借りすぎてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

総量規制が施行されてキャッシングしすぎなくなりましたが
やはり今でも計画的に利用しないと、借りすぎてしまうので気をつけましょう。

 

 

収入証明書不要でおすすめのキャッシング会社

 

 

 

悪徳業者のキャッシングを利用しないようにするには?

 

総量規制という法律が出来てから、世に根強く蔓延りだしたのが悪徳業者です。

 

背に腹はかえられないということもあり、お金が必要な方が法律で定められているよりも
高い金利でお金を貸す悪徳業者からお金を借りてしまう例が少なくありません。

 

実際に多くの方が悪質な業者の犠牲になってしまっています。

 

多重債務でどうにもならなくなってしまい「無条件でお金を貸します」

 

お金を貸す側の利益を得る流れを考えれば、こんな美味しい話は
ないということは分かりそうなのですが。

 

返済に追われる毎日でもうどうにもならなくなった人は冷静な判断ができないで、
お金を貸してくれるなら・・・とつい口車に乗ってしまいます。

 

あとあと、後悔をしてももう後の祭りです。

 

では、この悪徳業者をどうやって見分けるのか?

 

例えば、電話番号。

 

090や080や070で始まる電話番号が連絡先となっている場合は悪徳業者の可能性大。

 

なぜなら貸金業者は固定電話の登録が義務付けられています。
法に反しているということになります。

 

他にも、

 

貸金業者の商号
貸金業登録番号
金利
返済方法、返済期間、返済回数
担保に関すること

 

上記が一つでも欠けていれば、悪徳業者である可能性が非常に高いです。
ここは「怪しいな・・」と感じたら、貸金業番号を確認してみましょう。
これは金融庁のホームページで簡単に検索できます。
「金融庁のホームページ」
http://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/chuui.html

 

 

何にせよ、名前も聞いたことがない怪しいところ、
インターネットで検索しても出てこないようなところでは、
絶対にお金は借りないようにしましょう。

 

まずは、CMなども放送されている有名ドコロで借りれるかを試してみましょう。
融資可能か1~3秒で診断できるところも多いです。

 

→ 安心して借入できるオススメ3社!