本人確認書類を忘れずに

本人確認書類を忘れずに

お金を借りる時には、本人確認書類と、収入証明書類が必要となります。
このうち、本人確認書類で必要なのは、身分証明となる免許証または健康保険証です。

 

特に免許証は、本人の顔写真がありますし、個人情報もきちんと記載されていますので、
本人確認書類としては最もふさわしいものです。

 

もちろん、車の運転をしない、あるいは、もう免許の書き換えをしていない
という人もいますから、そのような場合には保険証がお勧めです。

 

ただし保険証は顔写真がないため、住所氏名が間違いないことの証明として、
できれば自分宛ての郵便物などを一緒に持参するといいでしょう。

 

他には社員証、学生の場合には学生証なども本人確認書類となります。

 

しかし、お金を借りる際になぜここまで本人確認が必要なのか、
疑問に思う人もいるでしょう。
これはやはり返済の時に、本人が支払う必要があるためです。
テロなどに使われる資金の特定割り出しのため、
2003年に本人確認法が施行されて以来、必ず本人であるか否かを
チェックしなければなりません。

 

お金を借りる際には、収入証明もそうですが、
本人確認書類をくれぐれも忘れないようにしてください。

 

 

収入証明書不要で車のローンを(体験談)

 

自分の車を買い換えました。
以前から乗っていた車が古くなったので、新しいのにしました。
友達がいい車に乗っているので、自分も自慢できる車に乗り換えたくなったからです。
旦那からは、見栄を張らなくてもいいだろうと言われましたが、
押し切る形で、買い換えました。

 

現金がなかったので車のローンを利用しました。
ローンの返済は楽なものではありませんでした。
でも、いい車に乗れるので、返済を頑張りました。

 

しかし、毎月となると大変です。
先日、とうとう車のローンの支払いができなくなり、キャッシングすることにしました。

 

普通、働いていない専業主婦はキャッシングできません。
でも、友達が教えてくれたキャッシング会社は収入証明書不要な会社でした。
旦那に支払いができないなんて言ったら、そら見たことかと言われそうなので、
思い切ってキャッシングをすることにしました。

 

50代になり、初めての経験でしたが、収入証明書不要でスムーズに
借りることができました。車のローンの支払いもできて、ホッと一安心です。