収入証明書不要MAX

収入証明書について

お金を業者から借入する際は、賃金業者、または銀行、
もしくは銀行系カードローンなどから借りることになるでしょう。

 

しかし、ここでいつでもすんなりと借りられる、というわけではありません。
必要書類を提出し、審査に通って初めて借り入れ可能となるのです。

 

ここで必要書類となりうるものの一つ、収入証明書についてご説明します。

 

お急ぎの方はこちら

矢印

収入証明書不要でおすすめのキャッシング会社

 

平成22年6月から総量規制という制度が始まりました。
これは消費者金融やクレジットカード会社などの賃金業者から借りられるのは
年収の3分の1まで、というものです。

 

このことから、収入証明書をもって借り入れする人の年収がいくらかということを
賃金業者に提示しなければならないようになりました。

 

収入証明書とは具体的に言うと、

 

源泉徴収票
給料明細書
確定申告書
所得証明書などです。

 

収入証明書

 

 

しかし、借り入れする場合どんな時も収入証明書がいるというわけではありません

 

以下の場合にあてはまるときにだけ、収入証明書が必要となります。

 

①賃金業者(消費者金融、クレジットカード会社、信販会社)からの借入
②50万円を超える借入、もしくは他の賃金業者とあわせて100万円を超える借入となる場合

 

※このとき証明収入書を出さなければ審査は進みません。

 

 

ここで理解しておきたいのは、この決まりを定めているのは賃金業法であるため、
この規制の対称となるのは賃金業者のみであるということです。

 

賃金業者ではない金融業者、たとえば銀行から借り入れする場合は収入証明書は不要であり、
また銀行系カードローンも銀行と同じ扱いとなるので、収入証明書不要です。

 

なお、銀行系カードローンの場合、収入証明書が不要となる限度は100万円ですが、
オリックス銀行カードローンやイオン銀行ネットフリーローンだと300万円以下まで
収入証明書不要
となるので必要に応じて利用しましょう。

 

 

 

収入証明書不要だからといって年収を偽ってはいけない

収入証明書が不要なカードローンでお金を借りる場合、

 

書類を提出する必要がないからと
軽い気持ちで自分の年収を偽ってしまう人がいます。

 

確かに申告する年収が高ければ高いほど、審査を通過する可能性も高くなりますが、
これはかなりリスクの大きい行為です。

 

仮に虚偽の申告額で承認され、
カードローンの借り入れをすることができたとしても、
後々まずい立場に置かれる可能性が高いです。

 

ローン会社は
あなたの収入を元に返済できるかどうかを判断しています。

 

そのため、年収を偽っていることが後から発覚した場合、
一括返済を求められたり、最悪の場合には裁判で訴えられたりすることがあります。

 

そもそも年収に見合わない金額を借り入れた場合、
返済が間に合わずパンクしてしまう危険性も高くなってしまうでしょう。

 

審査の申し込み時に収入証明書が不要だとしても、

 

申告した通りの収入があるかどうか怪しまれた場合、
収入証明書の提出を求められる場合があるので、審査の際には正しい年収を申告するようにしましょう

 

また、他社からの借り入れについても嘘の申告をしてはいけません

 

審査の際、できるだけ誠実に対応しておいた方が最終的に良い結果につながることでしょう。

 

 

自営業者は収入証明書が必要となることも

カードローンの審査で
収入証明書が不要と謳っている会社であっても

 

確定申告書などの書類の提出を求められるケースがあります。

 

それは、会社に勤めずにお金を稼いでいる
自営業者が申し込む場合です。

 

サラリーマンやパートタイマーと違って、自営業者の収入は勤め先から類推することができません。

 

しかも収入の金額が毎月不安定な傾向にあるので、審査の際にしっかりと年収を確認する必要が出てきます。

 

そのため、収入証明書が要らないカードローンであっても
自営業者は例外となるケースが多いのです。

 

面倒に思うかもしれませんが、
確定申告書の扱いには慣れていると思うので特に問題はないでしょう。

 

ただ、収入証明書を提出しなければいけない代わりに
自営業者には有利な点もあります。

 

それは

 

総量規制によって
借り入れる金額が制限されないということです。

 

カードローン会社側が認めれば、
年収の3分の1以上を借りることができます。

 

自営業者専用の窓口を用意しているカードローンも多いので、
借り入れを行う際にはホームページなどで事前にチェックしておくと良いでしょう。

 

現在の年収が少なくても将来的に収入が増える見込みが大きいのであれば、より大きな金額を借り入れることもできますよ。

 

 

パートやアルバイトでも借り入れは可能!

パートやアルバイト

収入証明書不要のキャッシングをお探しの方の中で、特にパートやアルバイトをされている方だと、収入に自信がなくて審査がとおらないのではないか、と不安に思われることもあるでしょう。

 

しかし、最近ではアルバイトやパートの方でも借り入れできる、というキャッシング会社が増えています。

 

アルバイトやパートをしていれば、毎月いくらかの収入を得ているはずだからです。
要は、一定の収入があれば借り入れできる可能性があるのです。

 

アルバイトやパートだと、毎月の収入にばらつきがあったりもするものですが、定期的な収入があれば審査を受けることができます。
(※専業主婦でも配偶者に収入があれば借入出来る場合もあります)

 

 

 

キャッシングの審査では、借りる人の「返済能力」と「信用」
重要視されます。実際に借入ができるかどうかは、返済能力や信用力を
総合的に見た審査の結果次第ですが、
アルバイトやパートだから借り入れできない、ということはありませんので、
キャッシングを利用したい場合は、まずは審査に申し込んでみましょう。

 

必要書類は?

申し込みから審査完了までの手続きをスムーズに進めるために
まずは必要な書類を確認しておきましょう。

 

ここではキャッシング申し込みの際に必要になる書類についてご説明します。

 

1、本人確認書類【必須】

 

・運転免許証(運転経歴証明書)

 

※免許証を持っていない場合

  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 公的証明書類

など

 

※本人確認書類に記載の住所が現住所と異なる場合
さらに、氏名、住所が記載されている下記書類のいずれかが必要

  • 公共料金の領収書(NTT・電気・都市ガス・水道・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

 

 

 

2、収入証明書(必要な場合のみ)

 

収入証明書は

  • 貸金業者から50万円を超える借り入れをする場合、
  • 複数の貸金業者からの借り入れ総額100万円を超える場合

など、
比較的大きな金額の借り入れを希望する際に必要になります。
(銀行系カードローンなど、不要な場合もあります。)

 

 

もし「いまはとにかく緊急に必要な金額だけ借りられれば十分」という場合には、
借り入れ希望金額を50万円以内に設定しておけば、収入証明書の提出は必要ありません。

 

 

とはいえ、
「収入証明書」というと、すごく大袈裟に思えますが
実際は「給与明細」や「住民税決定通知書」でもOKです。

 

「給与明細」は毎月受け取っていますし、「住民税決定通知書」は毎年5月頃に送られてくるので、
収入がある人ならば誰でも持っているものです。

 

これなら役所に行って面倒な手続きをする必要もありません。

 

ですので「万一に備えて、大きめのキャッシング枠を用意しておきたい」
という場合には、これらの収入証明書類を用意して
申し込みすると良いでしょう。

 

≪収入証明書≫
※下記のいずれか

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細書(直近2ヵ月分)

 

 

 

収入証明書が無いとデメリットはある?即日融資は可能?

 

申し込みの際、収入証明書を提出しなかった場合には、
キャッシングの審査に時間がかかったり、
ほかに何かデメリットになることはあるのでしょうか?

 

 

結論からいうと、「何も問題はありません」。

 

 

収入証明書は、50万円を超える申し込みや、
他社との総額が100万円を超える借り入れになる等の場合でなければ
「提出する必要がないもの」になります。

 

ですので、収入証明書を提出しなくても通常どおり審査が行われますし、
案内に記載されているとおり、「スピード審査」や「即日融資」を受けることも、もちろん可能です。

 

 

安心して、申し込みをしてください。

 

 

 

申し込み~融資までは、最短でどのくらい掛かる?

 

最近では、急ぎで融資を希望する人のニーズに対応するために、
「スピード審査」「即日融資」(当日振込)のサービスを設けている
キャッシング会社が多くなっています。

 

申し込みから審査、契約までの流れも、簡略化・スピード化が図られていて、
Web上からの申し込みなら、最短30分で審査が完了します。

 

その後、契約手続きもWeb上から行え、書類の郵送も「不要」に設定できる会社もあるので、
借り入れをするところを誰かに見られたり、キャッシングが家族にバレたりする心配もなく安心です。

 

14時までに手続きが完了すれば、借り入れ希望金額を
当日中に指定した自分の銀行口座に振り込んでもらうことも可能。

 

忙しいときにわざわざ店舗に出向いて手続きをする必要がないので
非常に簡単でスピーディーに申し込みができるなど、サービスがとても向上しています。

 

 

注意点としては、

入力項目に誤りがあった場合は、審査に時間がかかったり、修正に手間がかかってしまいます。

 

特に、自宅や勤務先の住所や電話番号など、数字の記入は入力ミスがおきやすいので、
申し込みの際には、誤りやモレ等のないようによく確認して入力するようにしましょう。

収入証明書不要のおすすめキャッシング会社